The best cucumber

キュウリの育て方は簡単|未経験者にもってこい

多く収穫できる瓜

1株で30本から40本

植物

キュウリは世界でもよく食べられている瓜類の植物で、育て方も簡単です。
このため水やりや肥料を怠らなければ1株で30本から40本と多くの実を収穫することができます。
キュウリの育て方のポイントとしては、キュウリの性質上、根が浅く広く張り、過失や乾燥に弱いということに留意することです。
また成長が早い肥料食いですので、肥料切れを起こさないようにする必要もあります。
鉢植えの場合にはしっかりと空気を含ませるように撹拌する必要がありますし、地植えの場合には15センチぐらいの深さまで耕し、排水性を良くするため高畝にすることがポイントです。
また、キュウリは広く浅く根が張るので全体に満遍なく元肥をすき込んでいく必要があります。
鉢植えの場合には液肥などで肥料切れにならないようにするのがポイントです。
一方でキュウリは支柱を立ててネット張り、そこにツルを這わせて育てます。
放置しても育ちますし、実も付きますが、不用な枝や葉を取り除くことで風通しを良くし大きなキュウリを収穫することができます。
ただ育て方が悪くても水と肥料を適切に与えることができれば十分な収穫ができます。
特に瓜類の育て方では水切れを起こさないようにすることが形の良いキュウリを作る上でのポイントです。
収穫したキュウリはそのまま食べることもできますし、漬物や冬瓜のように煮たり炒める具材としても使用できます。
また大量に出来た場合にはきゅうちゃん漬けや佃煮にすると効率よく消費することができます。

まずは土の準備をしよう

男性

ガーデニングでは、花だけでなく様々な種類の野菜が育てられるとして多くの女性を中心に注目を集めています。
中でも、人気となっている野菜がキュウリなのです。
キュウリを栽培するためには、まずは育て方について学んでおく必要があります。
栽培時期になる前に、しっかりと育て方について知識を学び理解しておくようにしましょう。
育て方の中で最初に考えておきたいのが、苗を植える前の準備についてです。
どのような場所で栽培するのか、そこはどのような環境なのかをじっくりと観察してみることから始めてみましょう。
畑や庭などで地植えをするのなら、苗を植え付ける前に土を耕しておきます。
キュウリの根は水平に伸びていく性質があります。
きちんと土を耕すことで、根の張りにも違いが出てきます。
耕していく途中で、石や雑草などがあったら取り除いておくようにしましょう。
また、日本の土は酸性に傾きがちです。
これを中和するために苦土石灰をまいておきます。
次に、堆肥と肥料をまき、土によく混ざるように耕していきます。
これらはキュウリの苗を植え付ける1週間前に済ませておくというのが基本的な育て方です。
最後に土を盛り上げて畝を作り、マルチを張って準備完了です。
プランターを利用してキュウリを栽培するのなら、専用の培養土を用意するのがおすすめの育て方です。
最近ではホームセンターなどでも野菜専用の培養土が販売されています。
これらには野菜を育てる上で最初に必要となるものが入っています。
そのため、特に野菜を初めて育てるという人は、この培養土を使用すると失敗がありません。

初心者向けの栽培方法

園芸用品

キュウリは初心者向けで育てやすい夏野菜です。
害虫にも強く、低温期での成長も良いので、家庭菜園の入門にぴったりです。
また家庭での栽培でも十分な量が収穫できるので、育て方に注意して挑戦してみましょう。
キュウリの栽培は、苗から育てる方法と、直まきをして種から育てる方法がありますが、まったくのガーデニング初心者であれば、最初はホームセンターなどで売っている苗からの移植栽培をおすすめします。
入手した苗を大型のプランターに移します。
株間は40cm程度ですので、だいたい2株くらいを植えることができ、土は市販されている野菜栽培専用のものを利用すると簡単です。
キュウリの育て方の重要なポイントは水やりです。
キュウリは根を広く浅めに張る性質があるため、乾燥に弱いです。
成長を低下させないように、夕方以降にたっぷりと水をあげましょう。
キュウリの成長は早くしばらくすると、つるが上へ上へと伸びていきます。
キュウリの茎葉は組織が弱いので、それ以降の育て方は、風などで茎が折れないよう、支柱などを立て、つるを這わせましょう。
また育て方のポイントとして、葉が混んでくると、株の生育が悪くなるため、増えすぎた不要な葉を摘んでください。
古くなった葉や病気で枯れてしまっている葉を中心に抜いてくれれば良いです。
摘み過ぎは良くないのでだいたい一日あたり、2、3枚程度で十分です。
キュウリは開花してから、あっという間に実が大きくなります。
開花後、約十日くらいが食べ頃になります。
放っておくとどんどん実が大きくなり、水っぽい大味なものになってしまうので、20cmくらいの大きさになったら、収穫してください。

野菜の上手な栽培方法

園芸用品

家庭菜園ブームとなっている現在マンションのベランダなどでも手軽に、栽培収穫出来る野菜に人気が集まっています。夏野菜の定番キュウリも人気の野菜で育て方のコツとしては、水分を十分に与えることです。また、生育が早いので、肥料をこまめに補充するとよいでしょう。そして早めの収穫がおいしいキュウリづくりには必要です。

もっと読む

夏においしい野菜

庭

キュウリは育て方が比較的簡単な野菜です。大きな畑は必要なく、ちょっとした花壇の空きスペースやプランターで育ちます。苗や土などはホームセンターで気軽に購入できます。支柱をたててのびてくるつるをまきつけてあげることで成長します。

もっと読む

多く収穫できる瓜

植物

キュウリは代表的な夏野菜であり、育て方が簡単なので家庭菜園でもよく育てられる植物です。キュウリの育て方のポイントは水はけの良い土質で水切れを起こさないことで、地植えのほかプランターでも育てることができます。

もっと読む