The best cucumber

キュウリの育て方は簡単|未経験者にもってこい

夏においしい野菜

苗からだと簡単

庭

キュウリはビタミンCやカリウムなどが豊富な夏を代表する野菜です。
野菜サラダにはもちろんのこと、酢の物やつけものなどさっぱりした口当たりが人気です。
通常ですとスーパーや八百屋さんで購入しますが、育て方が簡単で自宅でも栽培することができる野菜でもあります。
畑がないという理由や、育て方がわからない人もいますが、実は立派な畑などがなくても、一戸建ての花壇の少しのスペースや、マンションなどの集合住宅でもプランターで十分にキュウリは育ちます。
種から育てるのもできますが、一番簡単な方法は苗から育てることです。
ホームセンターでは、苗をはじめ土や肥料、プランターなどを購入することができます。
また、育てる際には、日当たりのいい場所を選び、水と肥料を注意深く与えます。
苗を選ぶ際は本葉が4枚程度のものを選び、土も野菜に適したものを選ぶことが大切です。
キュウリはツルが伸びて上へと成長していく野菜です。
苗を植えて順調にツルが伸びてきたら、支柱をたててつるを支えることが育て方の重要なポイントです。
支柱どうしが合掌する形で作ることで、暴風雨対策につながります。
茎がおれてしまわないよう、誘引する際はきつくしばらないことが大切です。
葉がしだいに茂ってきたら、増えすぎた葉を減らすことも大事な育て方のポイントです。
余計な葉を減らすことで日当たりを良くしキュウリの成長を促進します。
キュウリは花が咲いてから実になるまで早いので、開花を確認してから育ち具合を確認して収穫しましょう。

肥料と道具を揃える

ガーデン

キュウリを上手に栽培するためには、正しい育て方を心がける必要があります。
正しい育て方を実行するためにも、キュウリに適した肥料と道具を選ぶようにします。
質の良いキュウリを実らせるためには、肥料の配合が重要になってくるのです。
また、道具についても使い勝手が良くキュウリに負担をかけないものであることが望まれます。
キュウリの育て方として、最初に取り上げられるのが土作りです。
キュウリには、根を大きく張れば張るほど品質の高い実をつけるという性質があります。
そのため、通気性と水切れが良いフワフワの団粒構造の土を作ります。
また、広く根が伸びるように土の隅々まで肥料を行き渡らせます。
肥料については、栄養分がバランス良く配合された野菜用の肥料を選ぶと初心者でも失敗がありません。
また、腐葉土を混ぜ込むことも効果的です。
肥料はすぐに吸収されていくため、随時補給してあげるようにします。
次に、キュウリ栽培に必要な道具について説明をいたします。
キュウリは、ツルを伸ばして広がっていく植物です。
そのため、ある程度大きくなったら支柱を立ててツルが絡みやすい環境を整える作業が必要です。
その際には、根元を守るためにマルチなどで土の表面を保護するようにします。
その後、葉の通気性を良くする作業やわき芽や余分な雌花を摘み取る作業を行います。
その際には、よく切れる剪定鋏と軍手があると便利です。
キュウリの育て方に関しては、たくさんの書籍も販売されていますし、サイトでも確認することができます。
もし、分からない点や不安点が出てきたら、チェックしてみるとよいでしょう。

品種選びが大切

ウーマン

キュウリの育て方のポイントは品種選びにあるといっても過言ではありません。
育てやすい品種を選べば勝手にすくすくと育っていきます。
キュウリの代表的な品種として「節なり性」があります。
これはつるを伸ばさないタイプなので、小さなスペースで栽培することができます。
しかも、果実がなりやすいので、育てたキュウリをたくさん食べたい人にもおすすめです。
育て方のポイントは種と種を少しだけずらして蒔くだけです。
また、つるを長く伸ばしていく「飛び節なり性」という種類もあります。
これは栽培するとなると広い栽培面積を必要になります。
ただし、長期間の収穫が期待できます。
育て方のポイントとしては摘芯をしないことです。
さらに、「地這い性」という品種もあります。
これは「飛び節なり性」と特徴はほとんど同じですが、その名前のとおり、地表につるを這わせます。
そこまで広いスペースがない場合にはいいかもしれません。
他にも、最近はミニキュウリという新しい品種もあります。
これはキュウリの長さが10センチ程度しかないものです。
サイズは小さいですが、うどんこ病などのキュウリがかかりやすい病気にも対して耐久性があります。
初心者の人にも育てやすいので、初めてキュウリを育てるという人はこれから始めるのもいいかもしれません。
キュウリ全般に言えることですが、プランター栽培をするときの育て方のポイントは、支柱とネットを使って育てることです。
つるがどんどん伸びてしまうので調整しましょう。

野菜の上手な栽培方法

園芸用品

家庭菜園ブームとなっている現在マンションのベランダなどでも手軽に、栽培収穫出来る野菜に人気が集まっています。夏野菜の定番キュウリも人気の野菜で育て方のコツとしては、水分を十分に与えることです。また、生育が早いので、肥料をこまめに補充するとよいでしょう。そして早めの収穫がおいしいキュウリづくりには必要です。

もっと読む

夏においしい野菜

庭

キュウリは育て方が比較的簡単な野菜です。大きな畑は必要なく、ちょっとした花壇の空きスペースやプランターで育ちます。苗や土などはホームセンターで気軽に購入できます。支柱をたててのびてくるつるをまきつけてあげることで成長します。

もっと読む

多く収穫できる瓜

植物

キュウリは代表的な夏野菜であり、育て方が簡単なので家庭菜園でもよく育てられる植物です。キュウリの育て方のポイントは水はけの良い土質で水切れを起こさないことで、地植えのほかプランターでも育てることができます。

もっと読む