看護師への道|心理カウンセラーになるなら資格取得が必須|人の気持ちが分かる人に

心理カウンセラーになるなら資格取得が必須|人の気持ちが分かる人に

看護師への道

看護師

自分のレベルの見極め方

看護師になるためには、まず看護師の資格が必要です。そのために最も手っ取り早く確実なのは、看護学校を卒業して資格を取得することです。看護学校への最初の関門は、受験です。突破するためには、勉強はもちろん、確実に合格するための受験の難易度の見極めが重要です。そのための指針として最も使われるのが、偏差値です。偏差値とは、大雑把に言うと、「平均を50とした点数でテストの成績を見る方法」です。偏差値を使えば、レベルも受験者も違う複数のテストの成績を、同じ物差しで見ることができるようになります。この点を利用して、普段の自分のテストの成績が、目標の看護学校の合格レベルに達しているのかどうかを測ることが可能なのです。ですから、まずは自分が受験したい看護学校の合格ボーダーラインの偏差値を調べます。そして、模試などのテストで出せる自分の偏差値と比較しましょう。確実な合格のために、とても重要な情報です。

受験科目と内容を知る

看護学校も、学校によって受験科目や試験内容に違いがあります。この点をうまく利用すれば、自分の強みを最大限に活かした受験をすることも可能です。具体的には、自分の得意な科目で受験ができるかどうか、苦手な科目があるかどうかです。偏差値は受験科目の総合成績ですから、点数の取れる科目が選べたり、逆に点数の取れない科目を外せたりすれば、それだけ成績も上がります。すべての科目の総合偏差値で見れば難しい学校でも、受験科目によっては手が届くのです。少しでも良い条件で学校を選びたい、受験がしたいという場合は、調べてみるべきでしょう。また、学校を決めたら、過去問題を入手することも大切です。学校によって、試験の傾向というものは存在します。偏差値とあわせてそれも知っておくことで、より確実な受験の準備ができます。