The best cucumber

キュウリの育て方は簡単|未経験者にもってこい

初心者におすすめの野菜

簡単だから育てやすい

野菜

キュウリは家庭菜園の中でも、育て方が一番簡単なのが特徴です。
キュウリ自体が丈夫で短期間でたくさんの実が収穫できるため、家庭菜園が初心者の人には特におすすめです。
まず、キュウリの育て方として、まずは苗を植えるプランターを要します。
キュウリは種から育ててもいいですが、手間をかける時間がないなら苗にしておいた方がいいです。
そして、苗を入れる入れ物はプランターの方が最適で、夏に育てるので通気性のいい物を重視しなければいけません。
大きさは容量15リットルサイズの深さのある大きめの物が良く、キュウリはツル野菜なので支柱も4〜5本ほど用意します。
また、支柱は長さが180cmの物を用意し、土に差し込んだら頂点で他の支柱と重なるように紐で結んでいきます。
プランターと支柱がセットになって販売されている物もあるので、その場合は別々に購入しなくても済みます。
キュウリの育て方で気を付けたいのが、苗を植えてから約1ヵ月以内に花を咲かせて実がなります。
この最初の実を一番実といいますが、これを大きさが約8センチになったら収穫するようにします。
これを早めに行わなければ、実に養分が多く吸い取られてしまうため、他の実の育ちが悪くなってしまいます。
二番目に出てきた二番実も8センチの大きさで収穫し、その後の実は18〜20センチほどの大きさで収穫します。
キュウリは実がどんどんできてくる野菜なので、育て方のポイントは常に見張っておく必要があります。
また、キュウリは夏の間だけでたくさんの実が収穫できるため、子供でも気軽に栽培できる野菜です。
そして、平均的な夏の気温であれば、5月に植えて9月までに全部収穫できるのが理想となっています。

苗から育てる方法

女性

キュウリは家庭菜園向きの野菜ですが、タネから育てる方法と苗から育てる方法があります。
苗から育てた方が手間がかからないことから、初心者向きです。
キュウリの苗は、ホームセンターや園芸店などで、ポットに入ったものが販売されています。
キュウリの育て方ですが、夏の野菜なので4月〜5月の春に植え付け、8月〜9月の夏に収穫を行います。
キュウリの上手な育て方としては、根は浅く広く、つるが四方八方に伸びますから、ベランダなどでプランター栽培する場合は、大きめのプランターを使用した方がよいでしょう。
キュウリの苗を買ってきたら、プランターの中央に植えます。
伸びたつるは、ネットや支柱に巻きつけて、実が均等につきやすいように間隔を取ってください。
夏の最盛期には、実が急成長することがありますから、適度に離して育てましょう。
形の良いキュウリの育て方ですが、十分に太陽があたる位置で育てる工夫が必要なのと、適度な水分を与えることです。
日照不足と水分の過剰または不足によって形の悪いキュウリに育ちます。
キュウリの育て方で特に重要なのは、梅雨の時期です。
根っこが腐らないように、水やりと水はけに注意してください。
また、夏になると土が乾燥しますから、十分に水を与えるようにしてください。
実のほとんどは水分ですから、水やりが重要です。
水の与え方ですが、プランターの土の表面が乾いてきたら与えましょう。
適度にしめっている状態を保ってください。

プランターでも栽培できる

野菜

毎日の食卓の定番野菜として欠かせないキュウリですが、家で育てて収穫する事も出来る、育て方の比較的容易な野菜でもあります。
露地栽培が基本ですが、スペースが無ければプランター栽培も可能です。
時期は春先から夏の始めにかけて種まきを行い、収穫は梅雨時から秋の中頃までとなっています。
種まきから30日程度すると定植が可能になります。
ただ種まきから行う育て方だと難易度が高くなるので、初心者は苗を購入して育てるのがおすすめです。
キュウリは日当りを好みますが、乾燥は苦手なので土に直接日が当たりすぎないように注意します。
またプランターが小さいと水がすぐに蒸発してしまうので、ある程度深さのある大型のプランターが必要となります。
寒さにも弱いため、植え付けはある程度気温が上がってから行います。
大体4月の終わり頃から5月の中頃が適しています。
一般的な野菜用の培養土を用い、株間を30センチ以上開けて植えつけます。
苗を植えてすぐに仮の支柱を立てて苗を支え、成長したら本支柱をたてます。
植えつけてから2週間ほどしたら、追肥を行い、以降2週間に一度のペースで行います。
また水分を多く必要とするので、乾燥しないように水やりを適宜行います。
支柱までツルが伸びたら先端を切り、子ヅルを2〜3本残して株がしっかりと成長したら、支柱を増やしたりやネットを設置します。
伸びたツルが絡んでしまうと成長が阻害されるので、時折誘引して整理するようにします。
キュウリは成長が早く、実をつけると一日で10センチ以上大きくなることもあるので、適当な大きさになったらすぐに収穫するようにします。
以上がキュウリの大まかな育て方ですが、品種や気候によっても育て方は若干異なるのでよく下調べしてから育てるようにしましょう。

野菜の上手な栽培方法

園芸用品

家庭菜園ブームとなっている現在マンションのベランダなどでも手軽に、栽培収穫出来る野菜に人気が集まっています。夏野菜の定番キュウリも人気の野菜で育て方のコツとしては、水分を十分に与えることです。また、生育が早いので、肥料をこまめに補充するとよいでしょう。そして早めの収穫がおいしいキュウリづくりには必要です。

もっと読む

夏においしい野菜

庭

キュウリは育て方が比較的簡単な野菜です。大きな畑は必要なく、ちょっとした花壇の空きスペースやプランターで育ちます。苗や土などはホームセンターで気軽に購入できます。支柱をたててのびてくるつるをまきつけてあげることで成長します。

もっと読む

多く収穫できる瓜

植物

キュウリは代表的な夏野菜であり、育て方が簡単なので家庭菜園でもよく育てられる植物です。キュウリの育て方のポイントは水はけの良い土質で水切れを起こさないことで、地植えのほかプランターでも育てることができます。

もっと読む